復縁したい相手がメールを無視する心理や理由

メール無視の理由や心理を知りたい方は多いと思います。理由や心理が分からないと対策を立てようがないですからね。今回はメールを無視する心理と理由について徹底的に解説します。


メール無視はメッセージ

メール無視っていうのは相手からの無言のメッセージだと思ったほうが良いです。

メールを無視することであなたがどう感じるか。ということも考えた上で無視している訳ですから。

では、どんな意図でメールを無視しているでしょうか。

具体的には下記の3つです。

 

・もう連絡をして来ても無駄だ。メールをしてほしくない。というメッセージ。

・自分のことは諦めて欲しい。というメッセージ。

・今は返信をする精神的余裕はない。というメッセージ。

 

では、こういった意図でメールを無視する心理とはどんなものなのでしょうか。

 

メールを無視する心理や理由。

もう連絡をして来ても無駄だ。メールをしてほしくない。という場合は、相手はあなたに対して不快感を持っています。見下しているような状況です。

別れ際の対応で、相手に対してしつこくしてしまったり、送ったメールの内容がいわゆる構ってちゃん的な内容であったりする場合に、このような理由から無視という対応をすることが多いです。

自分のことを諦めて欲しい。という場合は、相手はあなたの未練を警戒しています。不快感を持っているわけではないですが、あなたの未練を受けて、返事をしたら期待させてしまうから返事は出来ない。というような判断をしていると言えるでしょう。

意外に多いのが、メールの返事をする精神的余裕が無い。という理由。相手が情緒不安定であったり仕事やプライベートで悩んでいるような状況の場合、恋愛どころではなく、メールの返信は出来ないというような状況です。

 

不快感を持たれている場合、謝罪と諦める事を連絡して冷却期間を置くのが無難。

警戒されている場合は、間接的に未練はもうないよ。という事を伝える手段があればそれを行い、間接的な方法がない場合は、謝罪と諦める旨を伝えて冷却期間。

精神的な余裕がない場合は、期間を空けた後に再度メールを送る。

こういった流れがベターです。

 

男性にメールを無視する人が多い理由。

女性は、物事がグレーな状況を嫌うので、気持ちがないならハッキリと相手に伝えます。メールしてくるな。と。

でも、男性は、感情が衝突したり自分が悪者になったりする事を面倒だ。不必要だ。と感じることが多いです。

会って別れ話をしない男性が多いのも、これと同じような理由です。

もう自分は別れるつもりでいるから話し合っても無駄だ。とかね。そういう合理的な考え方をしがちなのです。

まあ、面倒事から逃げている不誠実な人とも言えてしまいますが。

男性は意味のないこと、自分に利のないことはあまりしません。ですから、メールに返事をしても自分にはメリットはない。と合理的に判断されてしまっていると言えます。

今まで、元カレに対して「なんでメールくれないの?」とか自分の思い通りにならないとヒステリックを起こしてしまっていた場合、元カレは、そういったあなたの態度に警戒心を持ち、メールでやりとりをしても、無視したことを責められる。返信をしても自分が損するだけだ。というように判断してしまっている事があります。

もし、元カレに対して責めるような事を言ってしまっていた場合は、できる限り穏やかで淡々とした態度でメールを送る、接するように心がけて下さい。

 

まとめ

「復縁したい人からメール返信なし」から復縁を成功させる。でもお伝えしたように、メール無視の状況から復縁を成功させた例は数多くあります。

今は確かに状況は良くないですが、無視には必ず理由がありますし、その理由が分かって適切な対応さえ取ることが出来れば必ず復縁は進展します。

希望を持って前向きに取り組んでいきましょう。

 


こちらの記事もオススメ



コメントを残す

このページの先頭へ