正月に復縁したい相手にメールを送るべきか否か

お正月に復縁したい相手に対してメールを送っても大丈夫なのか。それともそれはまずいのか。悩む方は多いかと思います。今回は、お正月メールの是非についてお話します。

前提は、特別扱いしないこと。

私は復縁を進める場合、深く考えすぎるのも良くない。悩んで不安になると相手へ悪い印象を与えてしまうから。と良く言います。シンプルに考えましょう。

ズバリ、

お正月メールを送ることが、相手を特別扱いしていることであれば送らないほうが良い。そうでないなら送っても良い。です。

お正月メールは、昨年お世話になったこと、今年もお世話になることを挨拶するわけです。

ですから、去年お世話になり、来年もお世話になるだろう。そう思うのであれば、送れば良いでしょう。

基本は、お正月の前に、連絡をとりあったり会ったりしているのであれば、送っても問題ないでしょう。

逆に、お正月の前、10月とか、11月、12月に連絡を取ったりしていないのであれば、お正月のメールを送るのは、相手を特別扱いしていると言えるのではないでしょうか。

 

お正月メールから初詣に。

相手に彼氏や彼女がいない場合、お正月メールを送った事で、そこからの流れで初詣に行った。というような事例も結構あります。

ですから、お正月メールを送ることで、その後の関係の進展を期待することも出来ます。

ただ、後述しますが、返事がない場合リスクがあります。基本はハイリスクローリターンなので、送る場合は、確実に返事が来るだろうな。という予想が出来る場合のみ送るようにするべきでしょう。

お正月メールは、その性質(去年はお世話になりました、今年も宜しくという、これからも継続的にお付き合いをしていきたいという意味合い)によって、メールを再開するキッカケにはなりにくいのです。

いやいや、去年は別れて関係が終わったわけで、今年も何も関わる予定ないでしょ。とかそんなふうに思わせてしまえば返信は貰えませんから。

 

どんな明けましておめでとうメールを送るべきか。

どんな、あけましておめでとうメールを送るべきかは、これは正に相手を特別扱いしないことが大事です。他の友だちに送る内容と同様で構いません。

 

お正月メールに返事をもらえない場合は?

お正月メールは、昨年のお礼と、今年もよろしく。という挨拶ですが、形式的なものなので、相手の性格によっては返事を貰えないことも。

めんどくさがり屋だったり、形式張ったものが好きじゃない方は、返事をしてくれないかもしれません。

そういう相手の場合は、送らないほうが良いでしょう。

 

そういう相手でない方から、お返事が返ってこない場合は、ちょっと良くないですね。

普通に連絡をし合えたりしていたのであれば、まあ大きな問題ではないですが、

お正月メールを連絡を再開するキッカケにしようとして送った場合、お正月メールを無視されたということは、警戒されている。ということ。

また、お正月メールによって警戒心は更に増してしまったということ。

次にメールを送っても返信が来る可能性は低く、だったら最初からお正月メールは送らずに、シンプルに質問メールや報告メールのような用件があるメールをしておけばよかった。という事になるでしょう。

実際に返信がない場合は、冷却期間です。残念ながらそれ以外の対処方法はありません。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。