自然消滅からメール復縁する方法

いきなり彼女からメールが来なくなった。彼氏と別れ話の途中で音信不通になってしまった。こんな場合、いわゆるフェードアウト、自然消滅の場合のメールによる復活の方法を今回は解説します。

 

自然消滅する心理

女性が自然消滅する場合ってあまりないです。ある場合は、精神疾患か他の異性の存在です。女性ははっきりしているので、別れたことを明確にしないと気持ち悪いと感じる訳です。別れたことを明確にしたいと思うような発想がない余裕が無いそういう状況じゃないと自然消滅はしません。

後は、男性がDVした場合もありますが、これは自然消滅というか当然消滅するよねって感じですね。。。

変わって、男性は自然消滅結構させます。

男性の場合は、女性が自分に対して未練を持っていることを気持ち悪いと感じませんし、そもそも男性って面倒事から逃げるような癖がある人が多いので、自然消滅する場合が結構あります。男性が自然消滅する場合は、話し合いが面倒だとか、悪者になりたくないとか、そういう心理が大体だと言えるでしょう。

詳しくは、自然消滅する男の心理を参考にしてください。

 

相手が女性の場合どうするべきか。

まず基本から。

相手が女性の場合、正当な理由があるのであれば、正々堂々と真正面から自然消滅ではなく会って話しあう。ということを要求するべきです。暴言はダメですよ。あくまで紳士的に穏やかにメールを送りましょう。

あなたに後ろめたさがある場合は、謝罪を送った後に、話し合いをお願いしましょう。

ここからは相手の状況別

自然消滅前に、相手が心理的に不安定だった場合は、焦らずに時間をかける気持ちで。結局相手に余裕が生まれない限り対応して頂けませんからね。

それ以外の場合は、新しい異性がいる可能性が高く、またその異性に対してめちゃくちゃハマっている状況だと推測出来ます。まずは相手が無視していること、自然消滅していることは受け入れるべきです。

つまり、無視は酷い。自然消滅は不誠実だ。だから会うべきだ。というような姿勢ではなく、無視をするのは仕方がない。でも、自分としてはこうしたい。こんな感じですね。

無視は酷いって言われてもなんとも思わないような状況です。むしろ余裕のない態度は相手の女性の失望を加速させますから。落ち着いて、余裕を持って対応していきましょう。

 

相手が男性の場合どうするべきか。

相手が男性の場合は、面倒くさいとかそういう理由だと説明しました。

まず、あなたが男性にとって、面倒くさいと思わせる要素がないか。ということを確認してみて下さい。

例えば、相手を罵倒したり依存するような態度があったのであれば、男性は話し合ったら面倒くさいことになる。このように予想するはずです。

さて、

男性に対して、「なんで無視するの?」「酷い!」というように相手の不誠実さを責める気持ちは分かりますが、彼は「酷いことしてるのは理解しているけど、それを含めてもう関わらないから逃げちゃおう。」こんな感じで自然消滅してる訳ですから、効果はないんですね。残念ですが。。。

連絡を再開するには、「無視するあなたの気持ちは理解出来る。」というような余裕のある態度が必要です。

彼は「連絡を再開しても面倒くさくない」と確信すれば、返信をしてくれやすくなります。

つまり、最も返信が来るメールは、謝罪と感謝と別れを受け入れるメールです。

本来は別れた後に送る感謝と謝罪のメールですが、彼はもう別れた気でいるので、送って問題がないですし、相手の警戒心を解く事が出来ます。

 

例外

例外として、逃げる男は許さない。と相手の逃げ場をなくす。という方法があります。

家に行く。職場に電話、共通の知人に電話等。

まず、事前にこのまま連絡が取れないならこれこれこれをします。とメールをしましょう。

返信がなければ実際に行動しましょう。

逃げ癖のある人は、人の目や世間の評判を気にする人が多いです。人にどう思われようと関係ないって人は逃げずに堂々と「別れよう」って言えますから。

ですから、第三者を巻き込まれると、逃げたらまずいな。となります。

ただ、こういう男性は理屈っぽいので、相手に突っ込ませない為の理論立てが必要です。

ですから、事前に彼に対して、メールで明日までに連絡がなければ、こういうことをする。という宣告をする事で、「なんで職場に連絡してくるんだ。非常識だ」と言われない訳ですね。「音信不通をする方が不誠実だ。私は事前にメールで職場に連絡すると一報入れている。」と言える訳ですから。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。