友達に戻ろう。と言う元カレの心理と復縁方法

「友達に戻ろう。」「友達になろう」「別れてからも連絡していいよ。」「たまにはご飯でも行こう」と別れの時に彼に言われた時、「これはどういう意味だろう」と思う方は結構多いと思います。

というのも

女性が男性を振った場合、「友達に戻ろう」なんて言うことはほとんど聞きません。女性からすると、別れた元彼と「友達に戻る」なんていう発想がほとんどないわけです。だから、女性からするとその意味がいまいち理解できません。

男性が友達に戻ろうと言うのには、男性特有の心理が関係しています。

今回は、友達に戻ろう。と言う元カレの心理と復縁方法を解説していきます。

未練があり完全に縁を切るのが嫌で友達に戻ろうという場合

たいていのケースで男性は自分から振った場合でも女性側が別れを受け入れると未練を感じるものです。都合がいい感じがしますがそういうものです。

その未練が大きく、また男性側が完全に別れる覚悟ができていない場合、「友達に戻ろう」と言うことがあります。

未練があり完全に縁を切るのが嫌で友達に戻ろうという元カレの見極め方

未練があり完全に縁を切るのが嫌で友達に戻ろうという元カレの見極め方は結構簡単です。

別れ際にとってもエモーショナルです。

別れ際に号泣したり、別れた後に長文の感謝のメールをしてくれたりします。

なので、大体雰囲気で分かると思います。

未練があり完全に縁を切るのが嫌で友達に戻ろうという元カレとどう復縁する?

とても未練が大きいので復縁がすぐにできそうな気がしますが、実はそうでもないです。

こんなに未練があるのに別れる。ってことは、別れの原因がそれだけクリティカルだってことです。致命的。

なので、別れの原因をとにかく徹底的に排除して、彼と1時間会話しただけで変わったことが伝わるくらい劇的な変化が必要です。

元カレから強い未練を感じるので女性側がどうしても期待してしまいます。友達に戻る。という言葉に甘えて、原因の改善ができていないのに何度も連絡を取ったり、誘ったりする方が多いのですが、漏れなく痛い目に合います。距離置かれます。彼が冷静になって別れをしっかり受け入れて割り切ってしまいます。

あくまで「友達に戻ろう」というのは元彼がまだ別れをしっかり受け入れることができていないから出てきた言葉なので、時間が経って(1ヶ月くらい)寂しさを消化して別れを受け入れると、「お互い前に進んだ方がいいし、あなたに未練があるなら会わない方がいいか」なんて合理的な感じで対応されてしまいます。

ですから、この場合、別れの原因を改善して、次に会った時に、「めっちゃ変わったやんけ」と思ってもらわないとダメです。

友達に戻ろうと言われているし、未練を感じるから、冷却期間を短めに設定する人が多いですが、別れの原因、そんなに簡単に改善できるものでもないので、冷却期間は自分が思っているより長く取った方がいいです。

この場合は冷却期間は会わない期間でいいです。連絡をたまに取るくらいならOK。

連絡については、お互いにメリットのあるトピック以外はしないようにしましょう。

友人として会ってくれる。と言ってくれているわけなので、1回なら誘って断られることはありません。ですから、誘うのは自分磨きが終わってからにしましょう。変わる前にその貴重なカードを使うのはもったいないです。

ちなみに、こういう考え方もあります。

罪悪感が強くフォローの意味で友達に戻ろうという場合

別れを切り出すのは、結構な罪悪感があります。

特に、優しくて思いやりのある情に深い男性。

こういう人は、自を犠牲にしてでも、他者のためにできることがあれば何かしたい。と、そもそも思いやすい方ですから

別れの罪悪感から、別れの傷が癒えるまで、自分に何かできることがあれば何かしてあげたい。と感じ、フォローしたいとの思いで

「友達に戻ろう」

と言うことがあります。

罪悪感が強くフォローの意味で友達に戻ろうという元カレの見極め方

上で言ったように、優しくて思いやりのある情に深い男性や、自己肯定感が低く他者を傷つけることに耐えきれないような男性に多いです。また、恋愛経験がさほどなく女性の気持ちに鈍感な男性にも多いです。

別れ際にあなたの言葉を受けて泣いたとか、ごめん。と言う言葉を何度も言ってくれたとか、そういったところで判断ができます。

特に、彼女がメンタルが弱いだとか、ものすごく自分のことを好きでいてくれているとか、そんな場合に彼の口から出てきやすいです。

罪悪感が強くフォローの意味で友達に戻ろうという元カレとどう復縁する?

この場合、彼のことを楽にしてあげた方がいいです。ずっとあなたに罪悪感を感じながらあなたと接していたら彼はどうなるでしょうか。疲弊してしまいます。あなたと連絡を取ったり会うのは彼に取って義務なんです。自発的じゃないんです。心から楽しむことが難しいです。

あなたに話したいからあなたに連絡をする。

あなたに会いたいからあなたを誘う。

こんな風に自発的に彼に思ってもらい行動してもらうには、

まずは、「もう私は傷ついてないよ。大丈夫だよ。」ということを伝えなきゃいけません。

それは

一定期間連絡を取らない。

という方法でもいいですし

一切寂しそうな素ぶりは見せない。

でもいいでしょう。

そうして、彼の中にあるあなたへの罪悪感やフォローしたいという気持ちを無くしていきましょう。

具体的に言えば、明るく接する、明るい話題を心がける、未練は見せない。など。

罪悪感を払拭し、別れの原因を改善し、自らに自信が持てるようになってからが復縁は本番です。それまでは彼に甘えないよう気をつけましょう。

恋愛の優先順位がかなり低く、自立している男性がサラッという場合

まあ、これはわかりやすい話です。

恋愛の優先順位が低く、自立しており、余裕がかなりある場合、別れた後の関係はなんでもいいんです。許容できる範囲が多いんですね。

連絡を一切取らなくてもいいし、取ってもいい。

会わなくてもいいし、会ってもいい。

あなたに未練があろうがなかろうが、関係ないんです。女性側に未練があっても対応できる余裕があるから。

特に、共通の趣味があったり、繋がっていることにお互いにメリットがあるよう場合や、女性側が未練を強く相手に伝えている場合に多いです。

恋愛の優先順位がかなり低く、自立している男性がサラッという場合どう復縁する?

この場合、「僕じゃ君の期待に応えられない」という別れの理由であることが多いです。

温度差がすごくあった。とか、こっちにとってはそんなつもりじゃないのに相手にとっては強い束縛に感じたとか。そういう理由です。

この場合、彼を変えることはできません。人として完成されています。出来上がっちゃってますから。

あなたが彼と同じように、恋愛の優先順位が低く、自立した女性に変わる必要があるのですが、

1年、2年と長い時間をかけて少しずつ変わっていくしかありません。友人としての関係を続けながら、本当に長い目でみて彼との関係を再構築するようなイメージでやっていくしかないです。

彼がいう、友達って何?

そもそも、友達に戻ろう。の友達って何?って思いませんか?

実は結構大事な話なので解説しておきます。

女性が振った男性に友達に戻ろう。って言わないのって、一度恋人だった人間同士が、さあ明日から友達です。なんて言われても友達なんかに戻れると思ってないからなんですよ。だって振られた方が傷つくじゃないですか。友達に戻って何になるの?それって相手に悪いし、自分にとっても良くないよね。そもそも友達だって思えないし。って思う人が多いはずです。

でも、男性はそれが言えちゃいます。恋愛に対する理解度が低くてそこまで考えられていない。っていうのもありますし、割り切れるでしょ。って本気で思っています。実際男性は割り切れますしね。

友達に戻らない?うん、分かった。分かったって言ったってことは割り切るってことでしょ。って思ってるんですよ。

だから、男性がいう友達に戻ろうの友達って、本当に友達関係なんです。

好きな気持ちは心の奥にしまって、外には出さず、割り切った友人関係。ってことです。

だから、彼があれ?割り切ってないじゃん。と思った時にやっと気付くんです。

あっ。友達って無理なんだ。って。

その時に彼はやっと冷静になって、連絡、今は取らない方がお互いにとっていいね。とか言ってくるわけです。

女性からしたら、え、えー。。。なんですよね。何それ?友達に戻ろうって言ったのあなたじゃん。って意味がわからないんですが、彼にとってはそういうプロセスを踏んでやっと友達には戻れないんだってことを理解した。ってことです。

なので、友達に戻ろう。と言った彼に友達として接する時は、好きな気持ちは胸の奥にしまっておくこと。これを必ず守るようにしましょう。

まとめ

友達に戻ろう。という男性の心理について解説しました。男性がいう友達に戻ろう。の意味がわからず間違った行動をとってしまう方も多いので、どうしても警告的というかネガティブなことばかり書いてしまいましたが、

実際は、

友達に戻ろう。と言われている場合は、それだけ彼にとって大事な存在であるってことなので、復縁の可能性は高いです。

だからこそ、友達に戻ろう。の意味をしっかり理解して、その言葉に甘えずに、復縁を前進させていってほしいなと思います。

こちらの記事もオススメ

この記事を書いた人

usao

usao

今まで500組以上を復縁に導いた恋愛相談の人。今は新規のメールや電話でのご相談はストップしています。Twitterでも復縁についての情報発信していますのでよかったらどうぞ。